雑記12

もう二十数年東京で暮らしている。 が、免許は持っていないので移動は基本電車。 そんなわけで、道路にはあまり詳しくない。 特に高校生までは行動範囲もだいぶ限られていたため、聞いたことはあるが行ったことはないなんて場所が今よりもたくさんあった。 …

雑記11

小さい頃は純粋だった、大人になって汚れてしまった なんてよく言うけど。それは少し違う気がする。と、私は思う。 私は、感情というのは箱とか引き出しとかファイルみたいなものだと思っている。 成長と共に感情を学び、箱が増えていくのだ。 感情を知り箱…

雑記10

頭が痛い ここ数日体調が優れず昼間寝すぎたせいで 夜なかなか眠れない ただの風邪かと思っていたけど 実は何かの病気で 夜の間に プツッと糸が切れるように 誰にも知られないうちに 全てが終わったりしたりして それでも別にいいかとか なんて考えてみたり…

雑記9

"救いの手なんて そんな恐ろしくて申し訳ないもの 誰にも望めなかった" (三月のライオン Chapter 55より) 主人公のこの言葉が 初めて読んだ時から忘れられない こわいんだよ 誰かに頼るとか 助けを求めるとか そういうことは とんでもなくこわいことなんだ …

雑記8

人生で初めて 空から氷の粒が降ってきたのを見た 雹だ 本物だ 本当に氷だ 今まで写真や映像でしか見たことがなかったものが 目の前にある 外は嵐 雨が降り 雹が降り 風が吹き荒れ 稲妻が空を裂き 雷鳴が響く そんな状況なのに 目の前に落ちてくる 初めて に …

雑記7

事件や 事故や 災害の 犠牲になった方たちに対して 「可哀想に…」 という言葉を零すことに どうしても違和感を抱いてしまう はっきりした理由はわからないけれど そこで悲しまないと人でないだろうという 無言の圧力みたいなものを感じてしまう 「可哀想に」…

雑記6

わかりやすくノリがいい とか わかりやすい歌詞 とか そういう音楽はウケやすいのかもしれないけど そうじゃない音楽を届けてくれる人達がいることが 私を救ってきてくれたし 掬ってきてくれた だから すごく大切で これからもずっといてほしいと思ってしま…

雑記 5

ある日自室にいると、リビングから妹の声 「どうしていきなり死んじゃうんだろう、登校拒否とか無しで」 言葉から察するに(おそらく)いじめが原因で終わらせてしまった人のニュースを見たらしい その言葉に自分は 呆れるでも悲しむでもなく怒るでもなく ただ…

雑記④

以前バイト先で50代くらいのおじさんの社員さんと交わした会話 社「今4年生だよね、じゃあ22歳?」 自分「はい」 社「そうか〜、うちの娘の1つ上だ」 自分「そうなんですか〜。娘さんは大学生ですか?」 社「うん、大学生だったんだけどね、死んじゃったの」…

雑記③

眠ろうと思ってから2時間。 こんな朝方まで起きていたのは久しぶりだ。 朝が来るまでは 僕だけが正義 そういうことかな。 だから今日は起きてしまってたのかな。 『蒼き日々』plenty

雑記②

切れかけの蛍光灯になぜか心が惹かれてしまう。 終わりかけてるものにある種の美しさみたいなものを感じるのか。 そういえば桜も散り際の方が好きだ。 昨日切れかけて点滅していた向かいのマンションの蛍光灯は、今日見たら切れていた。 でもきっとすぐに取…

雑記

夜になってからベランダにでるのが心地よい季節になってきた。 今日もいつものように日付が変わってから外に出る。 ふと見下ろすとマンションの下を歩いていたおそらくサラリーマンがおもむろにガードレールに腰掛けて、大きくため息をついたように見えた。 …

陳列

お題「制服」 通っていた高校は、制服がない高校だった。 というか、校則がなかった。服装も頭髪も持ち物も制約がなく、常識の範囲内であれば何ら問題がなかった。 とはいえ、服装自由には例外があって、式典や校外行事の際には標準服を着なければいけないこ…

廃棄

「これは少し形が悪いから売れないんだよ」 「大きすぎたり、小さすぎたり、崩れてたりするワケあり商品を安く買えるお店です」 「商品の味を安定させるために徹底的に管理された機械で製造している」 主に食品に多いと思うんだけど、全てが同じような形、大…

道にこういう物が落ちていると切なくなる。 かわいいものだから尚更。 持ち主はなくしたことに気付いたのだろうか。 せめて気付いてもらえていたらいいなと思う。

目の前の現実があまりにも現実味をもって迫ってくるから 私はイヤホンから流れる音楽でフィルターをかける 現実を薄める そうしないと心を守れない時がある

お題「この色が好き」 空の色が好きだ。 水色の絵の具ででたらめに塗ったような夏の空も、少し霞んでいるような薄い色の空も、申し訳程度の数の星を浮かべる夜空も。 でも私が一番見るのが好きなのは、夕方と夜の間の空の色。 私の住む街では鮮やかに真っ赤…

傍観

優しさって一対一のものだと思ってた。 渡す側と、受け取る側の間で存在するものだと。 渡す側の思ったように受け取る側が優しさに救われることもあれば、 渡す側の意に反して受け取る側が傷つくこともある。 どちらに転んでも、優しさがそういったことを起…

お題「最近見た夢」 昔からあまり夢を見ない方なんだけど、最近時々夢を見る。 シチュエーションや出てくる人達は毎回まちまちだが、どの夢でも共通しているのが、 前に進みたいのにどうしたって足が動かない という場面でいつも目が覚める、ということだ。 …

あの子

「〇〇お誕生日おめでとうー!」 朝、いつも通り登校すると教室の一角から声が聞こえる。一人から始まり、声の輪が大きくなっていく。その声に囲まれたあの子は少し照れくさそうに、でも嬉しそうに笑って「ありがとう」と応える。 中心にいる彼女を、私は遠…

カイトウ

左の言葉と反対の意味の言葉を選択肢から選びなさい。 その時私はある試験を受けていた。 ジャンルは国語、得意科目だったので躓くことなく順調に解き進めていった。 しかし上記の大問中のある一問で手が止まった。 過去 1.現在 2.〇〇 3.△△ 4.未来 …

線路沿い

文章を書く練習としてブログを始めたのに全然更新してないことに気づいてしまったのでこれからは最低週1での更新を目標に。書きたいことが出たら書く、にするといつまでも手を付けないのではじめのうちはこれに頼る。 お題「桜」 地元の線路沿いの道に、桜並…

この夜

彼女は大学のサークルの先輩だった。決して目立つタイプではなく人見知りぎみだったけれど、こちらから話しかければきちんと応えてくれるし、慣れてくるとニコニコと話を聞いてくれる優しい人で、私はとても好きだった。彼女が引退する頃に一度だけ遊びに行…

好きなもの その1

好きなものはなんですか と聞かれれば真っ先に出てくるのが、音楽。 年に何枚もCDを買うし何回もライブハウスに行きます。聴くのは大体バンドで、ざっと並べるとこんな感じ BUMP OF CHICKEN KANA-BOON androp LAMP IN TERREN plenty Halo at 四畳半 Suck a S…

はじめまして

はじめまして、と言いつつもこの文章が誰かに読まれるのかもわからないまま書き始めましたが。。。 なんとなく、ブログを始めてみることにしました。すぐに飽きるかもしれないし、もしかしたらアカウントをあっさり消したりしてしまうかもしれないけれど。人…