読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの子

 

「〇〇お誕生日おめでとうー!」

 

 朝、いつも通り登校すると教室の一角から声が聞こえる。一人から始まり、声の輪が大きくなっていく。その声に囲まれたあの子は少し照れくさそうに、でも嬉しそうに笑って「ありがとう」と応える。

 

中心にいる彼女を、私は遠巻きに見つめていた。羨ましかった。あそこにいてみたかったと思った。でも叶わないことを知っていた。だからそう思うのをすぐにやめた。

 

 

 

世間的には全力で年度末。学生的には春休み真っ只中。そんな春の日に私は生まれた。

 

授業なんてない。祝いの言葉に囲まれる"彼女"には私はなれない。数少ない仲のいい友達が祝ってくれたのは嬉しかったけど、やっぱり私は"あの子"が羨ましかった。

 

 

それでも、誕生日を嫌いにならずに済んだのは、春だったからだと思う。

 

桜が咲く季節に生まれたこと、誕生日を迎えると桜が咲いていることはとても嬉しいし、この季節で良かったと思える。

 

 

声に囲まれた"あの子"にはなれなかったけれど、桜の花に囲まれて、彩られて、私は歳を重ねてきたのだ。

 

 

もうすぐ桜が咲く。

今年もまた歳を取る。

新しい一年が始まるのだ。

カイトウ

 

左の言葉と反対の意味の言葉を選択肢から選びなさい。

 

 

その時私はある試験を受けていた。

ジャンルは国語、得意科目だったので躓くことなく順調に解き進めていった。

 

しかし上記の大問中のある一問で手が止まった。

 

 

 過去    1.現在 2.〇〇 3.△△ 4.未来

 

 

言うまでもなく解答は、4の未来、だ。フリーズしていた手をすぐに再稼働して解答欄に4と書き込む。

そのままペースを取り戻し試験を終えたが、半年以上経った今でもこの問いが頭から離れない。

 

 

一般的な感覚で考えれば過去の反対は未来なのだろう。でも本当にそうなのだろうか。仮に本当にそうだとして、境界面は現在ということになるのだろうか。だとしたら現在の反対は何なのだろう。そもそも現在というのはすごく曖昧な概念ではないか、1秒でも過ぎてしまえばそこはもう過去なのだから。

 

 

なんて考え始めては終わりが見つからなくなってやめる、の繰り返し。答えは見つからないまま、ぐるぐると廻り続けている。いや、そもそもこんな途方もない問いに、そんな簡単に答えに出てしまってもそれはそれで問題があるような気がするのだが。

 

 

心底面倒くさい人間だなあと思う。自覚はある。でもやめられないのだからどうしようもない。

 

 

 

ちなみにこの試験には無事合格した。次の二次試験で見事に落とされたのだが。

 

 

 

 

 

BGM:『this』plenty

線路沿い

文章を書く練習としてブログを始めたのに全然更新してないことに気づいてしまったのでこれからは最低週1での更新を目標に。書きたいことが出たら書く、にするといつまでも手を付けないのではじめのうちはこれに頼る。 

 

お題「桜」

 

 

地元の線路沿いの道に、桜並木とは言えないほどの本数の桜の木が植えられている。少ないながらもやっぱり咲くと綺麗で、そこを歩くのが楽しみで出掛けるくらい。だったんだけど

 

去年、そのうちの半分近くが幹の腐食がどうこうという理由で切られてしまったのだ。

今年からどうなるのだろう。淋しく感じるのだろうか。でも、数は少なくてもきっと綺麗なのだと思うし、きっと私はあの道を毎日通る。花の一つ一つの美しさは変わらない。私はそれをぼーっと眺めながら歩くのだ。

 

花咲く日は、もうすぐ。

 

 

BGM:『エイプリル』mol-74

この夜

彼女は大学のサークルの先輩だった。決して目立つタイプではなく人見知りぎみだったけれど、こちらから話しかければきちんと応えてくれるし、慣れてくるとニコニコと話を聞いてくれる優しい人で、私はとても好きだった。彼女が引退する頃に一度だけ遊びに行ったこともあった。

 

しかし、その直後に彼女と連絡が取れないという話を先輩方から聞き、私も連絡してみたが返事は返ってこなかった。しばらくするとSNSを通して、病気をして地元に帰っているという報告が本人からあった。

 

病気というのは、軽度のうつ病だった。

 

ひどい言い方かもしれないけれど、「あぁなるほど」と思った自分がいた。彼女は優しくて真面目で責任感が強くて、少し自分に自信がない人だったから。

それから、いなくなった彼女のことを話題に出す人はいなかった。まるで初めからいなかったかのように。別にそれは彼女だけに限らない。年に数人はいる他の退部者も同じ。でもわたしは悲しかった。

 

 

それから2年近く経った、今から2ヵ月前ほどのこと。

何気なくLINEの友達欄を見ていたら、件の彼女のアカウントが目に付いた。久しぶりに見た名前。その横にあった文字は

 

Tonight - SHE'S

 

LINE MUSICで設定していると出てくる表示だった。去年の秋に出たばかりのシングルの表題曲。つまり設定したのはごく最近だということだ。

嬉しかった。

生きていてくれてるのだということも、同じ音楽を聴いているのだということも。

連絡をしようとは思わなかった。おそらく、もう二度と会うこともない。それでも良かった。

優しい彼女は、優しい唄を聴いて今日もどこかで生きている。それだけで十分だった。

どうか、元気で。

 

 

 

今日のBGMは

プルーストの花束』SHE'S

好きなもの その1

好きなものはなんですか と聞かれれば真っ先に出てくるのが、音楽。

年に何枚もCDを買うし何回もライブハウスに行きます。聴くのは大体バンドで、ざっと並べるとこんな感じ

 

BUMP OF CHICKEN

KANA-BOON

androp

LAMP IN TERREN

plenty

Halo at 四畳半

Suck a Stew Dry

GOOD ON THE REEL

mol-74

sumika

 

まあざっとですが。

 

そしてそれ以外にも、中学以降吹奏楽やらオーケストラを部活でやってたので楽器も弾きます。それゆえクラシックもちょこちょこ聴きます(楽器やってる割には聴かない方だと思いますが)。オケで始めて弾いたのがチャイコフスキーだったのでチャイコ推しぎみです。ブラームスとかも好き。

 

 ここ最近、音楽のことに関しては自分の好きなものを好きと言えるようになってきました(もちろん、それを他人に押し付けるとかいう意味ではなく)。人によってはそんなの当たり前だと思うかもしれないけど、それは自分の中ではかなり大きな変化で。少しずつだけれど他のことでもちゃんと言えるようになっていきたい。 そのきっかけをくれたのが音楽です。だから、好きというだけじゃなく、私にとってとても大切なものなのです。

 

今日はこの辺で。

 

BGMは

GOOD ON THE REEL『グアナコの足』

でした。

はじめまして

はじめまして、と言いつつもこの文章が誰かに読まれるのかもわからないまま書き始めましたが。。。

 なんとなく、ブログを始めてみることにしました。すぐに飽きるかもしれないし、もしかしたらアカウントをあっさり消したりしてしまうかもしれないけれど。人に読まれる前提の文章を書いてみたくて。特に書きたいことがあるわけでもないのですけどね。

 

自分がどんな人間なのか一言で言うのは難しくて、私には要素を少しずつ挙げることしかできないんだけれど。。好きなものは音楽と読書。苦手なものは早起きと運動と待ち合わせと文章を書くこと、あとたくさん。得意なことは、あんまりない。そういう面を持った人間です。まだこれはほんの一部ですが。

 

少しずついろんなお話を書いていけたらいいなと思っています。たとえ誰にも読まれなくても。